カップルや新婚さんのお部屋探しの知っておきたいポイント


「そろそろ一緒に住みたいな」と思っているカップルや結婚を機に新居を探しているカップルもいると思います。

そこで今回は同棲するときのお部屋探しについて皆様の参考になればと思い掲載いたしました。

1 間取りについて

1LDK
寝ているときも起きているときもいつも一緒にいられ、二人で空間を共有できる。
プライベート空間が無い。
収納スペースの数に限りがある。

2DK
築年数が経った物件が多いので、賃料は1LDKや2LDKよりお手頃な物件がある。
お互いのプライベート空間を確保することができる。
近年の新築物件は1LDKか2LDKが多いので2DKの新築物件は少ない。

2LDK
リビングで一緒にいる空間もプライベートな空間も確保できる。
寝室は一緒にして、もう一部屋は収納部屋として使用できる。
将来結婚して子供が生まれた時、子供部屋にすることができる。
築年数や場所にもよるが、賃料は他の間取りに比べ高めの傾向。
お互いが部屋にこもったままになってしまう場合もある。

2 場所について

二人の職場の中間にするのか。
毎日買い物をする派であれば、通勤ルートにスーパーがあるかどうか。
買い物は週一でまとめ買い派であれば、スーパーから多少遠くても構わないのか。
将来子供が生まれたことを想定して保育園や学校、病院などが近い場所にするかどうか。

3 賃料について

収入の25%から30%位が目安とされている。

4 設備について

譲れない設備、あれば便利な設備、妥協できる設備を決め、今後の生活に本当に必要かどうかを二人でよく話し合い、優先順位をつけて決める。


また耳寄りな情報がありましたらお知らせいたします。

2019年12月19日